Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

初心者なりにSearch Consoleの使い方を調べてみた

レスポンシブ広告+テキスト広告
Sponcer Links

どうも、こんにちは。タケです。

ブログを更新するのが久しぶりで、どんな風に編集や投稿をしていくのかすっかり忘れてしまいました。

そこで今回のテーマは、「Google Search Console」ってなんだっけという方向けに書いていきます。(今の自分向けです 笑)

Google Search Consoleとは?

まずは大まかに概要をつかんでみようと思います。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

Google Search Consoleヘルプより引用

ふむふむ。。。

つまり「自分の記事を上位表示するために利用するサービス」というものですね。

医療現場で使われるMRIのように、隅から隅まで自分のサイトを解析することができるそうです。

私を始め、ブログを書く人はたくさんの方にみていただくためにはどうしたらいいのかを考えています。このサービスをうまく使い、Google検索結果で上位表示させたいものです。

「SEO対策」との関係性

SEO対策という言葉は、ブログ作成に興味を持っている方なら誰でも聞いたことがある言葉だと思います。

結論から述べますと、「Google Search Console」とはSEO対策に使うツールです。

SEO対策とは、簡単にいうと自分の書いた記事を上位表示させるために行う対策のことです。

Search Consoleの使い方

Search Consoleがどんなものかわかった次に気になるのは、使い方です。

使い方1:検索パフォーマンス

自分の記事がどんなキーワードで検索されているのかが確認できます。

使い方2:カバレッジ

投稿した記事に不具合が生じていた場合に教えてくれます。

使い方3:URL検査

Googleにインデックスの依頼ができます。インデックスの依頼をすることで、検索結果に記事が反映されるようになります。

使い方4:手動による対策

ルール違反していることを教えてくれます。知らず知らずのうちに、Googleが定めている規約に反してペナルティを受け、検索順位が下がっていることがあります。定期的に確認しておきたいですね。

使い方5:サイトマップ

サイトの地図をGoogleさんに教えることで、記事がインデックスされやすくなります。

まずは記事を書いていくことから

Google Search Consoleにはまだまだ便利な機能がたくさんあります。(正確には、ありそうです)

ただ使いこなすにも、ある程度の記事が投稿されている必要があると感じました。

だって、何も記事が投稿されていなかったらグラフは0のまま横ばいです。

検索ワードもわかりません。

ブログのいいところは、何度も書き直せるところです。

下手な記事を投稿したら恥ずかしい?安心してください。そういう記事は上位になかなか来ないので人の目にも触れません。

力がついてきたら、リライトして人に影響を与えられる記事にしていけばいいのかなと私は思います。

下手なりにまずはバッターボックスに立ち、大きく空振りしていこうと思います。

ブログならバッタボックスに立つチャンスは自分で何度もつくれますから、少しずつ当たるようにしていきます。

レスポンシブ広告+テキスト広告
Sponcer Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする